毎日の風呂掃除は大変!カビや鏡のうろこを防止する裏ワザとは?

毎日使うバスルームだからこそ、清潔に使いたいもの。

ですがお風呂掃除は腕も腰も疲れる重労働なので、どうしても億劫になりがちではないでしょうか。

そんな風呂掃除のストレスを軽減する方法、備忘録の意味も含めてまとめました。

鏡のうろこ防止に

毎日使っているうちに、うろこが付着して日々見えにくくなっていくバスルームの鏡。

うろこの正体は水道水のカルキや鉄分が固まったもので、一度付いてしまうと取るのに一苦労する厄介な代物。

ウロコ掃除をするよりも、原因となる元を断つ方がはるかに楽です。

そのために原因となる水分をスクイージーで切るだけで良いんです。

山崎産業「Satto」や無印良品「スキージー」などで、お風呂上がりにサッと鏡の水分を水切りするだけで、ウロコに悩まされることも無くなります。

毎日のほんのちょっとした手間でウロコ取りの重労働から解放される、オススメのルーティンワークになります。

浴槽掃除のストレス軽減に

鏡のウロコ取り以上に重労働なのが、毎日のお風呂掃除ではないでしょうか。

お湯を抜いてバスタブを力をいれてスポンジで湯垢を落とす毎日、正直面倒くさい以外の何物でもありません。

そもそも湯垢の原因は皮脂成分だったりするので、浴槽用洗剤をスプレーしてあげるだけでかなり落とすことができます。

洗剤を浴槽に満遍なくスプレーし、5分ほど放置したあとにシャワーで流すだけ。

ほとんどの湯垢がこれだけで落ちますが、スプレーだけでは完全に落とすことはできないので、一週間〜10日に一度、スプレー後にスポンジでこすってあげるだけでキレイになります。

スポンジ掃除の頻度が減るだけで、かなりのストレス軽減になるので一度お試ししていただきたいと思います。

重労働のカビ掃除に

風呂掃除の中でもっともストレスフルなのがカビ掃除ではないでしょうか。

カビ掃除は大変なので、カビを繁殖させないことが重要になりますが、カビは皮脂や石鹸カスと水分、25度前後の温度で繁殖します。

つまり、入浴後に壁に付着した皮脂などを洗い落とし、スクイージーで水分を切ることでカビは繁殖しにくくなります。

とはいえ、それでも繁殖するのがカビ。

黒カビやピンクのカビを落とすには、「強力カビハイター」や「カビキラー」をスプレーし30分ほど放置してシャワーで洗い流すだけでかなりのカビが除去できます。

塩素系のこれらに対し、非塩素系の商品もありますが、正直カビ取りの能力は劣っていると感じます。

スプレー後、塩素系特有の臭いが充満するので、安全のためにも窓換気と換気扇を回すのは必須ですね。

それでも落ちないガンコな汚れに

風呂用洗剤やカビ取り剤でほとんどの汚れは落ちると思いますが、中にはしぶとく残る汚れもチラホラ。

落ちない汚れは皮脂汚れなので、クエン酸水で除去するのがオススメです。

クエン酸水をスプレーし、その上からペーパーで30分程度パックして汚れに浸透させます。

その後、洗い流せばしつこい皮脂汚れもキレイに落とすことができます。

あわせて読みたい

トイレの手洗い器に付着する薄ずみ色の汚れ、タワシなどでこすっても取れない厄介な代物ですね。 色々試してみたものの、便器の汚れとは種類が違うようで、便器用の洗剤を使ってもうまく
簡単に取り付けできるので重宝する突っ張り棒ですが、ある日突然崩れ落ちてくることがあるのが何ともストレス。 強盗が入ったかと思った(突っ張り棒が落ちた) pic.twitter
近年、速乾性とお手入れの簡単さで人気の珪藻土マット。 これまでのバスマットとどう違うのか、検証してみました。 珪藻土とは? そもそも珪藻土とは何でしょうか。

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/11/19(日) 20:10:35

      風呂掃除が楽しくなってやめれなくてお風呂に入れないw
      風呂場の鏡のうろこ達の取り方をテレビで見てからというもの、楽しいんですよクエン酸と重曹使うのが←

    記事に戻る

関連記事