多分もっともローコストで畳をフローリングに変えられる床工事

畳の和室は古くからある優れた床材です。

しかし西洋化が進み、家の手入れをする時間が取りにくい忙しい現代では、維持に手間がかかる和室は敬遠されることが少なくありません。

畳のメリットよりもデメリットの方に目が向き、畳の床からフローリングへコンバージョンする例が増えています。

とはいえ、たとえ6畳一間でも10万円を下ることはなく、それなりのコストがかかってきます。

そこでできるだけ安くフローリング床にするための方法を調査しました。

安くあげるならマットという手も

コストをかけずに畳をフローリングにするのであれば、費用のかかる畳の処分をすることなく、畳の上におけるタイプのものが良いと思います。

見た目を変えるのに一番安上がりなのは、畳の上にカーペットを敷くことだと思いますが、それだといかにもと思われる方は多いと思います。

ジョイントマットやコルクマットなど、置くだけで床が変わるものはありましたが、繋ぎ目が浮くのが気になるかもしれません。

またマットなので、長い間使っているとヘタってくるのは避けられません。

そうした問題点が気にある方は、やはりフローリングのしっかりとした床に転換したいと考えることでしょう。

置くだけフローリング

コストを抑えながらフローリングに転換するには「デコリカクリック」や「クリックフロアーズ」といった釘やボンドを使わない、畳の上に置くだけのフローリング材がベストだと思います。


出展:RESTA

ここではデコリカクリックの設置方法をご紹介してみます。

必要な道具はカッターだけで、接着剤を使わないため原状復帰も容易。そのため賃貸住宅にもオススメです。

水や汚れにも強いので、土足での使用も可能なので、用途を限定しません。

6畳間に必要なのが1ケース8000円のデコリカクリックが6ケースなので、およそ5万円程でフローリング床に転換することができます。

畳の上に置いて終わり?

基本的には畳の上に敷き詰めるだけですが、長い間使用するのであれば湿気対策にも気を配りたいところです。

そのために畳の上に防湿防虫シートを敷き、その上からフローリング材を置いていく方法がオススメです。

また畳などが経年劣化でところどころヘタっているような状態であれば、下地調整用にクッションシートを敷き詰めて調整することでフラットなフローリング床に近づけることができます。

あわせて読みたい

最近100均でもよく見かけるようになった有孔ボード。 学校の音楽室や体育館などで吸音材として使用されているので、おなじみのボードですね。 そんな有孔ボードですが、壁収納
毎日使用するキッチン、あちらこちらとくたびれてくるのでキレイにしたいと思いますよね。 毎日使う場所だからこそ、清潔感がほしいところです。 DIYフルリフォームするとなる
限りある居室空間をできるだけ広く感じられるように、インテリアにはこだわりたい。 今回は家具と並び、部屋を広く見せるための重要なアイテム、カーテン選びについて知り合いのインテリ

関連記事