今なお人気のイームズシェルチェアがユニディで驚くほど安く売っていたので調べてみた

もしあなたがインテリアに興味がなかったとしても、イームズチェアという名前はなんとなく聞いたことがあるかもしれません。

アーロンチェアで有名なハーマンミラー社からのオーダーを受け、1950年代に多くの家具デザインをしたイームズ。

イームズとは、チャールズとレイ夫妻がデザインした家具の呼称であり、シェルチェアという代名詞的なイスが有名です。

イームズシェルチェアとは?

イームズの椅子の中でも大定番といえるシェルチェア。

シンプルな形ながら、座った時のしっかりとしたホールド感と長時間座っても疲れ知らずの心地よさから、今なお様々なシーンで利用されています。

日本での正規品はハーマンミラー社製のものだけで、1脚6万円程となかなかの高額です。

長く使うのであれば、結局良いものがお得ではあるのですが、1脚だけならまだしも、家族分となると結構な負担になりますよね。

見る度に触手は動くものの、購入には至らなかったある日、たまたま立ち寄ったユニディでシェルチェアを見つけました。

レプリカは模造品ではないのか?

正規品が60,000円なのに対し、ユニディに展示してあったシェルチェアはわずか4,000円弱という破格の値段。

その時は「なんだニセモノか〜」と決めつけ、その場を立ち去りました。

しかし調べてみるとニセモノではなく、リプロダクト(ジェネリック家具)だということがわかりました。

意匠権(デザイン)は20年の保護期間を過ぎると、他の企業が独自に復刻し製造することが可能になるため、決して違法なニセモノ商品ではありません。

(そもそもユニディがニセモノを売るわけないですね…)

ただし、デザインは酷似していますが、その値段差ゆえにオリジナルに比べるとクオリティが劣る場合が多くなっています。

ユニディ版とオリジナルの違い

値段がわずか15分の1というユニディ製シェルチェアですが、デザインは瓜二つながら素材や作りで差があることは間違いないでしょう。


出典: ユニディ楽天店

オリジナルと比較しないと分からない点もありますが、大きな違いとしては素材があげられます。

オリジナルの座面はポリプロピレンでとても滑らかな質感に対し、ユニディ製はオモチャのブロックなどに使われるABS製。

その他にも脚部で使用されている木材ですが、オリジナルがメープル材が使われているのに対し、ユニディ製はブナ材が使われていて、見た目の美しさではオリジナルが抜きん出ています。

その他、オリジナルは完成品なのに対し、ユニディ製は組み立て式(といっても簡単ですが)といった違いがありますが、IKEAの組み立て家具が普及した昨今、それほど面倒に感じることはないと思います。

むしろ、そのおかげでコストが下がっていると考えれば、メリットと捉えることもできますね。

あわせて読みたい

先日、手品用のコインを造るため本物の硬貨を加工したとして、マジック道具販売業者が逮捕されました。 マジシャンでもある容疑者は、プロ向けに加工コインを販売していて業界内で需要が
ワセリンとは? 名前はよく聞くのですが、そもそもワセリンって何なんでしょうか。 ワセリンとは原油を精製してつくられた、防腐剤やステロイドなどが含まれない、赤ちゃんから大

関連記事