賃貸住宅でも壁掛け可能な最強の壁収納アイテムの実力を検証してみた

テレビ離れが進んだと言われる昨今でも、未だにリビングの中心に鎮座するテレビ。

ほぼ液晶になったテレビですが、薄くなったものの画面が大型化したおかげで、その存在感は増す一方ではないでしょうか。

そこで賃貸住宅でも穴を開けずに壁掛けすることができる、「壁美人」というアイテムをご紹介します。

壁収納の決定版

床置きのモノが増えてくると、スペースがどんどん圧迫されていく。

そんなイライラを解消するために、壁に掛けられたらどんなにスッキリすることか。

でも壁に釘打ちをしたり、木ねじを打ち込むのはちょっと…というか賃貸だったら無理。

という悩みを解消するためのアイテム壁美人は、石膏ボード壁にホチキスで止めるだけなのに、47インチの液晶テレビを壁掛けにできてしまうという優れもの。


出典: https://kabebijin.net/

ホチキスの針だけで支えて大丈夫なのか?という心配があると思います。

ですが、ホチキスの針1本で約1kgの力に耐えることができるので、針をパチパチと何本も打ち込んでいくことで、かなりの耐荷重を得ることができます。


出典: https://kabebijin.net/

ホチキスの針に対して水平に引っ張るだけで受金具を外すことができるので、模様替えも簡単におこなうことができます。

石膏ボードの調べ方

壁美人はホチキスで止めるという性質上、石膏ボード以外の壁では使えません。

そうはいっても、壁紙の下の材質をどうやって調べるんだ?という疑問があるかもしれません。

実は簡単な調べ方があります。

壁の目立たない場所に指でピンを刺してみると、もしも石膏ボードであれば簡単に奥まで刺し込むことができ、針の先端には白い粉が付着するはずです。

石膏ボードでない、コンクリート壁や木材であればピンを刺すことはできません。

その他の調べ方として、コンセントカバーを外して確認するという方法があります。


出典: https://kabebijin.net/

コンセントを入れるために開けられた壁の断面を確認することができるので、断面に白い粉が付着しているようであれば石膏ボードです。

石膏ボードは崩れない?

実は石膏ボード壁に釘やネジで棚などを取り付けようとすると、壁がボロボロと崩れて抜け落ちてしまいます。

そのため壁収納はコンクリート壁か木壁でないと取り付けられないというのが暗黙の了解でした。

ではなぜ石膏ボードでの壁収納が可能になったのでしょうか。

それは石膏ボードの組織を壊してしまう釘やネジと違い、細いホチキスの針であれば組織を壊さずにしっかりと止まるからです。(効いている状態ということです)

そのため、建築用ホチキス(タッカー)では針が太すぎるため、逆に効かなくなってしまうので、事務用のホチキスの針の方が強度が保たれます。

あわせて読みたい

最近100均でもよく見かけるようになった有孔ボード。 学校の音楽室や体育館などで吸音材として使用されているので、おなじみのボードですね。 そんな有孔ボードですが、壁収納
いつどこで起こるか分からない大地震、天災は忘れた頃にやってくるとの諺にもある通り、ある日突然やってくるために対策が難しいところです。 防災の基本は起こるかも、ではなく起こると

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/10/15(日) 23:44:32

      壁美人という石膏ボードにホチキスで固定するフックみたいなのがあるんだけど、18kg耐えられるヤツ付けたら壁掛け扇風機も付けられるだろうか

    記事に戻る

関連記事