超軽量折りたたみ傘から吸水傘ケースまで!快適雨対策グッズ

雨が降ると憂鬱、濡れた傘をしまうのに苦労したり、傘を持ち歩くのが面倒だったり。

そんな不便さや不快さを解消できる便利な雨対策グッズをご紹介します。

マイクロファイバー傘ケース

いざという時に心強い折りたたみ傘。

カバンの中に忍び込ませておけば、予報通りの雨でも、突然の雨でも活躍するすぐれもの。

手荷物にもならずにメリットの多い折りたたみ傘ですが、どうやっても気になるのが使った後の傘の処理ではないでしょうか。

濡れたままカバンに入れるなんてあり得ないし、ビニール袋に入れても水が溜まる、持ち歩くには面倒とどうにも定位置がなかったりします。

そんな悩みを解消してくれるグッズが、山崎産業のSUSU傘ケース

バスマットで抜群の吸収力を見せるSUSUを傘ケースの内側に配し、傘についた雨を吸収してバックを水濡れから守ってくれます。

カバンに濡れ傘をすぐに入れられるので、雨が止んだのでつい折りたたみ傘を忘れてしまう、なんてことも無くなりますね。

オススメ超軽量折りたたみ傘

持ち運んでいることを忘れてしまうほどの超軽量な折りたたみ傘であれば、カバンに入れっぱなしにして突然の雨でビニール傘を購入する必要もなくなります。

各メーカーが切磋琢磨し、100g以下の折りたたみ傘が散見されるようになりました。

個人的にオススメなのは、わずか80gにも関わらず55cmという大きさを実現したマブワールドの「hane」

スマホの半分ほどの重さしかないので、カバンに入れていることを忘れてビニール傘を購入しないように注意したいですね。

滑り落ち防止アクセサリー

ヒルナンデス!でも紹介された傘専用アクセサリー「レインポップ」

傘の柄に簡単装着するだけで、自分の傘がすぐに分かるので紛失防止に役立ちます。

そして特筆すべきは、シリコン製のこのアイテムは場所を選ばずに傘をピタッと置けるので、滑り落ちてイライラすることがなくなります。

東急ハンズなどで購入可能なレインポップ、ミッキー型やBEAMSとのコラボ商品などの展開商品もあるので探してみるのも楽しいかもしれません。

エリザベス女王のご愛用傘

ドーム型が特徴の透明傘は、あの女王エリザベス2世陛下もご愛用の傘です。

その特異な形状も去ることながら、厚みのあるビニールと強度の高いファイバーグラス製の骨なので、しっかりとした造り。

何と言っても、エリザベス女王の愛用品ということで話のタネとしてはうってつけでしょう。

日本でも雨中の選挙演説では、顔が見えるビニール傘が使われますが、感度の高い立候補者はうまく取り入れていますね。

あわせて読みたい

紙管建築の生みの親である、慶応大学教授で建築家の坂茂(ばんしげる)さんが、日本人として初めてマザー・テレサ社会正義賞を受賞しました。 【坂茂氏にマザー・テレサ社会正義賞】世界
近年、速乾性とお手入れの簡単さで人気の珪藻土マット。 これまでのバスマットとどう違うのか、検証してみました。 珪藻土とは? そもそも珪藻土とは何でしょうか。

関連記事