リフォーム計画の方法と概算費用まとめ DIYでどこまでできる?

長く住み続けていると、あれやこれやと模様替えをしたくなるもの。

ですが模様替えでは処理できない、経年劣化によるリフォームを思い立ったら、最初にするべきことがあります。

それは、一緒に住んでいる家族の不満をまとめること。

住まいの不満を洗い出し、優先順位をつけていくことで、リフォームの優先度を決めていくことで結果的に満足度の高いリフォームをおこなうことができます。

リフォームの目安時期

まず知っておきたいのが、建築資材には耐久年数があります。

各家庭の使用状況により、一概にはできませんが、大まかな目安として参考になさってください。

  • ペンキ塗り…5年
  • 壁紙…10年
  • 塗り壁(漆喰など)…15年
  • タイル貼り…20年
  • 畳…5年
  • クッションフロア…10年
  • カーペット…10年
  • フローリング…20年

*水回り(キッチンや浴室)では耐久年数はもう少し短くなります。

リフォームにかかる概算コスト

リフォームを業者に依頼した場合、気になるのはそのコストだと思います。

平均的な予算感をまとめてましたが、当然のことながら材料の違いや業者によって金額の上下動があるので参考として考えていただければと思います。

業者コスト DIY
ペンキ塗り 1万円/1畳 2千円/1畳
壁紙貼り 1万円/1畳 3千円/1畳
漆喰など塗り壁 3万円/1畳 3千円/1畳
タイル貼り 5万円/1畳 2.5万円/1畳
フローリング 3万円/1畳 1.5万円/1畳
クッションフロア 1万円/1畳 3千円/1畳

仕上がりの面では業者よりは劣ると思いますが、DIYの場合は時間をかけて出来る分、丁寧な作業をすることで満足度の高い仕上がりになると思います。

また予算策定の段階では、無料のリフォーム見積り比較サイトで費用の検討をするという手もあります。

【無料】リフォームの見積り比較サイト【タウンライフリフォーム】

DIYでできないこと

業者にリフォームを依頼するとなると予算の確保はもちろんのこと、部屋の清掃など色々と気を使うのが億劫なので全部自分で…と思われるかもしれません。

もちろん壁紙や床材の貼り替えなど軽微なものはどんどんDIYしていった方が良いと思います。

が、水道工事やガス工事、電気配線工事については有資格者以外の作業は法律で禁じられています。

また近年問題が散見されるのが、壁を抜いて部屋を統合するリノベーション。

壁を抜くことはできると思うのですが、壁には建物を支える構造上に必要な耐力壁というものがあります。

一律同じ仕上げとなっている壁では、見た目で耐力壁かどうかを判断することはできません。

そのため、もしも耐力壁を打ち抜いてしまうと、地震など強い力が加わった際に倒壊する恐れがあるので、セルフ作業は控えた方が賢明です。

あわせて読みたい

毎日使用するキッチン、あちらこちらとくたびれてくるのでキレイにしたいと思いますよね。 毎日使う場所だからこそ、清潔感がほしいところです。 DIYフルリフォームするとなる
洗濯物を干すぐらいにしか使っていなかったベランダやバルコニー、殺風景だったり経年劣化による汚れが気になっている方に朗報です。 無機質なその空間が、IKEAのアイテムで簡単にウ

  • コメント

    1. 匿名希望
      2017/10/27(金) 14:50:55

      【リフォームコストを下げるコツ】 もっとも安くする方法はコツコツとDIYに励むことですが、2番目に有効なのは職人さんへの直発注です。そして、最低でも1週間に1回は指示を出すため現地に入ります。書籍『50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法』小嶌 大介 著、ぱる出版より作成

    2. 匿名希望
      2017/11/19(日) 22:40:25

      道具も職人もさらには建材、家具も日曜大工のDIYをはるかに超えたコストのかかった仕事だなって思うヒロミの家リフォーム。

    記事に戻る

関連記事