卒業後のランドセルを処分するのはしのびない!寄付やリメイクという手が

6年間の小学校生活を終えるとともに、その役割も終えるランドセル。

中学校に進学すれば二度と使うこともないので、保管するか処分するのか迷うところです。

購入前に色々と調査し、足立区の土屋鞄製造所にて購入した思い入れのあるランドセルだったので、捨てるのは忍びなく。

とはいえ、そのまま保管するにはスペースを取ってしまうので、どのように思い出を残すべきかを調べてみました。

ミニランドセル加工

6年間使用していたランドセルの部材を使用して、セカンドバッグ程度の大きさにリメイクすることで、収納問題を解決するミニランドセル加工。

元のランドセルの特徴を残しながら小さく加工してくれます。

ほとんどの加工業者さんが、そのまま送るだけでミニランドセルに加工してくれます。

ただし、卒業の時期は全国ほとんど一緒ですので、3月末に申し込んでも手元に戻ってくるまでにはかなりの時間がかかります。

その点をふまえ、気長に待てるという方であれば、下記の加工工房がオススメです。

ミニランドセルのミニチュア製作を心を込めて製作致します。お客様の声を読みきれないほどたくさん掲載してありますので、ぜひ一度見てみて下さい!【エース工芸】の励みにさせて頂いています!
思い出ある小学生の子供の頃のランドセルを加工、再生して、記念のブレゼントに手のひらサイズのミニランドセルを手作りで2個作ります。

どこも今どきのwebサイトではありませんが、長く加工サービスをしている工房ばかりです。

ランドセルを寄付する

ランドセルをミニチュアにして手元に置いておくのも良いが、他の子どもに有効活用してほしいと思われるかもしれません。

日本でもランドセルを必要としている方はいますが、あくまでも新品を欲しがっているので、6年間使用したものを寄付するのは気がひけるもの。

ですが、海外ではまだまだ使えるバッグとして重宝されたりします。

たとえば、ラジオCMでおなじみの「ランドセルは海を越えて」では物資が不足しているアフガニスタンの子どもたちにプレゼントする取り組みがされています。

ランドセルにノートや鉛筆などを詰め込んで贈ることで、大変喜ばれているそうです。

もし物入れに眠らせておく予定であれば、ランドセルのセカンドライフとしてもうってつけかもしれません。

あわせて読みたい

毎日使用するキッチン、あちらこちらとくたびれてくるのでキレイにしたいと思いますよね。 毎日使う場所だからこそ、清潔感がほしいところです。 DIYフルリフォームするとなる
有楽町の交通会館前でいつも行列している靴磨きがあるのですが、先日、初めて並んで靴を磨いてもらいました。 「千葉スペシャル」というそうですが、代表の千葉さんとお弟子さんが磨いて

  • コメント

    1. 匿名希望
      2018/02/02(金) 17:28:52

      『ミニランドセルにリメイク 【水色にピンクの縁巻①】【型が崩れたランドセルのミニサイズ加工】』
      https://t.co/3pVioEFWoO #アメブロ @ameba_officialさんから
      #ミニランドセル… https://t.co/ofBBFlIBog

    2. 匿名希望
      2018/01/31(水) 14:38:13

      ずっと悩んでいたランドセルのそのあと。寄付したりも考えたけど。初孫に初めて買ってあげたランドセル。背負ってる所をほとんど見れなかったお母さんにちっちゃくして送ろうかなと思う。ミニランドセルの加工に15000円くらいの見つけた

    記事に戻る

関連記事