トイレの臭いを元から断つには黄ばみ掃除が重要なのは分かっているけど、楽に済ませる方法はないもんか?

トイレのドアを開けた瞬間に、ムアっとくる悪臭。

毎日のように掃除はしているし、トイレの芳香剤も使っているのに一向に悪臭が収まらないのはなぜなんでしょうか。

「クサっ!」と思ったら今すぐチェック!

実は我が家では芳香剤を使っているにもかかわらず、トイレのドアを開けるたびに芳香剤ではない臭いを感じていました。

便器もそれなりに掃除しているし、床や壁もそれほど汚れてはいません。

それもそのはず、トイレの悪臭の犯人は長年蓄積された尿が固まった「尿石」と呼ばれるガンコな汚れだからです。

主に便座の裏や便器のフチの裏側などにこびりついていますが、特に便器のフチ裏はもはや黄ばみではなく、黒い固まり状態でした。

便座カバーや蓋カバーも尿はねを吸い取っているので、こまめに替えないと臭いの元に。

こちらは頻繁に替えるのが面倒なので、使用を止めてしまいました。

尿石落としを実行

さて臭いの原因が尿石だと特定できましたので、これを掃除することにしました。

尿石はアルカリ性なので、酸で中和することで除去できるとのこと。

早速、近所のドラッグストアで酸性洗剤のサンポールを購入してきました。

使用方法にのっとり、液を5倍に薄めて散布し30分ほど放置し、トイレブラシでこすってみました。

これでキレイスッキリ!のはずでしたが、黒く固くなってしまった尿石はポロポロと表面がわずかに剥がれる程度でピカピカ状態にはほど遠い状態…

ガンコな尿石に心が折れかかる

何度か同じ作業を繰り返し、割り箸で少しずつ削っているうちに心がすり減ってしまいました。

しばらく見てみぬふりをしていましたが、たまたま目にした通販生活で紹介されていた「トイレBNクリーン」


出典:カタログハウス

成分は納豆菌の一種であるBN菌で、石油系界面活性剤を一切使わずに尿石汚れを分解してくれるらしい。

1500円と決して安くはなく、これでダメだったらもったいないなーとか思いながらも、ゴリゴリ削るのはもうイヤだということで購入。

トイレタンクに入れるタイプなので、洗浄の度に成分入りの水が流れる仕組み。

しばらく使っているうちに、黒ずみが薄くなってきたな〜と感じられたので、試しに割り箸でフチ裏を削ってみたところ…

とてもお見せできないような黒い固まりがボロッと取れました!やりました!

まだ完全には取り切れていませんが、効果はありそうなので、日々少しずつ尿石を落としていこうと思います。

肝心な臭いですが、明らかに激減したので気分は上々です!

それでも悪臭がなくならない…

次ページへ続きます

関連記事