突っ張り棒が落ちないように工夫するだけでストレスから解放された件

簡単に取り付けできるので重宝する突っ張り棒ですが、ある日突然崩れ落ちてくることがあるのが何ともストレス。

一度落ちるとクセになったように何度も落ちるし、壁紙にも傷がついてしまい、これまたストレス。

何より掛けてあったものを元通りに戻すという後ろ向きな作業が、もっともストレスを感じるところ。

そんなイライラを解消してくれるグッズやアイデア次第で、突っ張り棒の落下が防止できるのでまとめてみました。

突っ張り棒はなぜ落ちる?

そもそも突っ張り棒はなぜ落ちてしまうのか、その原因を知らずに対策を取ることはできません。

突っ張り棒が落ちる原因は、大きく3つに分けることができます。

  • 荷重のかけ過ぎ
  • 突っ張り棒の伸ばしすぎ
  • 壁の強度が弱い

荷重のかけ過ぎや棒の伸ばしすぎというのは多くの人が注意していると思いますが、壁の強度は意外な盲点ではないでしょうか。

押入れなど、壁がしっかりしていない部分で突っ張ると、突っ張り棒がしっかりと固定されずに落ちてしまいます。

押入れ内で突っ張り棒を使用する際は、触ってみて間柱等が通っている壁が硬い部分に取り付けるようにしましょう。

また以下に紹介するアイテムたちを使用することで、突っ張り棒のずり落ちを予防することができます。

突っ張り棒が落ちない君

そのものズバリの商品名ですが、突っ張り棒が落ちない君というアイテムを使用することで30kgの耐荷重が出ます。

取り付け方法は簡単で、壁にホチキスで留めるだけ。

ホチキスでパチパチ留めていくだけですが、ホチキスは180度開くタイプのモノでないと針が打てないので、その点には注意が必要です。

30kgの耐荷重があれば、かなりの数の洋服をかけても問題ないですね。

100均グッズでも

突っ張り棒が落ちない君は収まりや機能という点で申し分ないのですが、若干値段が張るものなので、もっと安く済ませたいということであれば100均グッズでも代用可能です。

まずはテレビなどを固定するための耐震ジェル。

耐震ジェルを突っ張り棒の両端に貼ることで摩擦が生じるため、落下防止になります。

その他、化粧パフを両端に挟むだけでもズリ落ちを防止することが可能。

どちらもそもそもの用途が違うので、見た目はいかにもといった感じになりますが、気にならないようであれば簡単に安く落下防止になるのでオススメです。

あわせて読みたい

毎日使うバスルームだからこそ、清潔に使いたいもの。 ですがお風呂掃除は腕も腰も疲れる重労働なので、どうしても億劫になりがちではないでしょうか。 そんな風呂掃除のストレス
近年、速乾性とお手入れの簡単さで人気の珪藻土マット。 これまでのバスマットとどう違うのか、検証してみました。 珪藻土とは? そもそも珪藻土とは何でしょうか。
出典:marcs DIYで家具をつくろうとすると、電動ドライバーやハンマー、釘など工具を揃えてうまく使う必要があります。 一から作ろうと思えば、設計図も必要になり時

関連記事