オール電化のメリットとデメリットを考えてみた

近年、オール電化であること新築の物件選びの一つの要素となっている感もあり、オール電化住宅を全面に打ち出しての宣伝が目に付きます。

改めて説明するまでもないと思いますが、オール電化とはすべてを電気でまかなう、火を使わない暮らしのこと。

いわゆるガスを使わない生活のことをさしていますね。

オール電化にするのは意外に簡単で、火を使っているところを電気に変えるだけの作業となりああす。

要するに、キッチンと給湯を電気に変えるだけで、火を使わないという安心感や便利さ、快適さはもちろん、光熱費が相対的に安くなるといわれている電化住宅。

良い点を挙げてみましたが、オール電化にすることのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

オール電化のメリット

まず、オール電化のメリットとしてあげられるのが、光熱費が下がるという点があります。

オール電化にすることで、光熱費の大半は給湯に使われてることになるので、安い夜間電力を使うことで給湯費用が削減できるからです。

また、電気とガスを併用していると、どちらも使用量にかかわらず基本料金を取られています。

これを電気に一本化することで、ガスの基本料金が節約できることになります。

さらに、ガスを使わないことで電気料金にオール電化割引という割引が利用できるので、IHクッキングヒーターを使うことでコスト削減することができます。

オール電化のデメリット

それではオール電化のデメリットはないのか。

これは住宅を新築時にオール電化にすれば起こらない問題ですが、ガス式の温水床暖房や浴室乾燥機が使えなくなります。

床暖房や浴室乾燥機に対応した電気給湯器も発売されていますが、とにかく導入コストが高いので、ランニングコストで採算が合うようになるまで結構な時間がかかります。

このあたりは、値段の高いハイブリットカーを購入した場合、何年でガソリン車を上回るメリットが生じるか、といった問題に似ている気がします。

またパワーはガスにはかないません。

さらに、急に大量のお湯が必要になった場合などに、湯切れになることが起こりえます。

ガス給湯器より大きい貯湯器を設置するスペースが必要になります。

導入を検討している方は、トータルでのオール電化のデメリットはメリットを比較して検討することがオススメですね。

  • コメント

    1. 匿名希望
      2019/01/30(水) 19:58:38

      オール電化かぁ
      メリット デメリットが半端ないなぁ(笑)

    2. 匿名希望
      2019/02/03(日) 10:56:33

      オール電化はあまりおすすめしない。オール電化、メリットは極めて大きいのだが熱を取り出しづらく、デメリットも甚大になる。都市ガスがやはり最強

    3. 匿名希望
      2019/03/03(日) 22:15:57

      ガスのメリット
      ・お湯がすぐ出る
      ・料理がしやすい(俺の意見)
      ガスのデメリット
      ・料金が高い
      ・火災の心配

      オール電化のメリット
      ・ガス代なし
      ・熱の伝わりが早い
      オール電化のデメリット
      ・お湯が溜まってないと冷たい水
      ・料理しずらい

      俺はやっぱガスが良かった…^^;

    4. 匿名希望
      2019/03/05(火) 10:47:41

      太陽光悪くないんだろうけど、元からついてるならともかく後からつけるの面倒だしメンテナンスが増えるのも面倒だし、とにかく今のところメリットよりデメリットの方が上回っちゃってるからつけたくない。うちオール電化じゃないし。

    記事に戻る

関連記事