ミヤネ屋とめざましどようびで紹介されたカビ取り剤を使った秋カビ対策をまとめてみた

バスルームのカビ繁殖を防ぐ

カビの住み家とも言えるバスルーム。

水気が多い場所だけに、あちらこちらにカビが発生してしまいがち。

厄介なカビは、掃除してもなかなか完全に除去できなかったりします。

めざましどようびの中で紹介されていた清掃方法が役に立ちそうだったので、記述しておこうと思います。

まずはカビに向けてカビ取りスプレーを噴射した後、液だれ防止と効果をアップさせるためにラップで液を10分間程度覆うとのこと。

こうすることでただ噴霧するよりもカビに潜在が浸透しやすくなるので、カビが落ちやすくなるそうです。

また扉などスプレーしにくい場所には、テイッシュをこより状にしたものカビ取り液を含ませ、同じく10分程度放置することで、よりカビを除去しやすくなるそうです。

さらにカビの繁殖を防ぐため、栄養源となる石けんカスを洗い流すことも重要。

洗い流す際、まずはお湯で洗い流し、さらに冷たい水をかけることでカビが繁殖しにくくなるそうです。

仕上げに壁面などの水滴を水切りスクイージーで落とすなどのひと手間が大事だということです。

あわせて読みたい

トイレの手洗い器に付着する薄ずみ色の汚れ、タワシなどでこすっても取れない厄介な代物ですね。 色々試してみたものの、便器の汚れとは種類が違うようで、便器用の洗剤を使ってもうまく
窓を開けて網戸にする機会が増えると、気になりだす網戸の汚れ。 網戸を外して丸洗いすればキレイになることは分かっているものの、正直面倒なのでやりたくないと思ってしまいます。
トイレのドアを開けた瞬間に、ムアっとくる悪臭。 毎日のように掃除はしているし、トイレの芳香剤も使っているのに一向に悪臭が収まらないのはなぜなんでしょうか。 「クサっ!」

関連記事