壁紙は化学物質が含まれたビニール製でなく天然素材のものを選んだ方が良い理由

一般的に壁紙といえばビニール製のことを指しますが、健康のことを考慮すると紙や布などの天然素材でつくられたものを選んだ方が安心です。

漆喰や珪藻土などの左官材もおすすめですが、DIYではなかなかハードルが高いもの。

業者に頼むのであれば左官材も候補に入ってきますが、セルフを前提となるとやはり天然素材の壁紙の方がハードルが低い気がします。

なぜビニール製ではなく、天然素材がおすすめなのか、具体的に検証していきたいと思います。

天然素材壁紙の選び方

紙などの天然素材の壁紙には調湿作用があるため、古くから重宝されてきました。

とはいえ、選ぶ際には防腐剤や防カビ剤、ホルムアルデヒドなどの添加剤が使用されているものもあるため、そうしたものが使われていないものを選びたいところです。

難燃剤という燃えにくくするための添加剤が含まれているものもありますが、一般的にキッチン以外では過剰な防火性能になるため不要と考えて問題ありません。

高温多湿の日本なので、防カビ剤が含まれているものの方が良さそうな気もしますが、カビの発生を確実に防ぐものではないので、敢えて選ぶ必要はないと考えます。

天然素材のものは、ビニール製に比べると施工しにくいというデメリットがあるため、経年劣化はビニール製のものよりも早くなる傾向があります。

こうした欠点も踏まえた上で、どの壁紙にするかという選択の指針にした方が良いのではないかと思います。

左官材の選び方

手入れのしにくさなどから敬遠されがちだった漆喰や珪藻土の壁ですが、ナチュラルブームを受けて完全復権した感があります。

調質や断熱性能があり、環境にも優しいという点が見直された要因だと思われます。

漆喰や珪藻土などは、合成樹脂を混ぜたものが施工しやすいため、多くのDIY向け商品には含まれています。

合成樹脂混合製品は調湿性が落ち、他にも防腐剤や防カビ剤が含まれているものもあるため、商品選びには慎重を期する必要があります。

ビニール製を使用する際の注意点

一般的にビニール壁紙は、表面に塩化ビニール樹脂やアクリル樹脂などの揮発性有機化合物が使用されています。

加えて、防腐剤や防カビ剤、難燃剤が使用されているものもあるので、使う場所は制限した方が健康のためには良いと思います。

選択する際には、工業会の自主規制表示などをチェックしておきたいところです。

また、ビニール壁紙を多く使用する際には、室内に植物を置くと良いとされています。

観賞用としての側面もありますが、植物には室内の有害化学物質を吸収分解する働きがあることが知られているからです。

賃貸住宅など、壁紙の選択余地がない場合には大変有効な方法であるといえます。

  • コメント

    1. 匿名希望
      2019/07/24(水) 10:28:54

      うちの家。
      化学物質を使ってない。
      それざありが父フィーの自慢らしく。
      ニスも耐久性が無いのかな???

      壁紙→天然素材の塗装
      床→胡桃やパイン

      外装の耐久性が必要なところは化学物質使おうが良いんで無いの?
      って言ったら。

      嫌だってw

    2. 匿名希望
      2019/10/18(金) 13:34:12

      壁紙を貼り付ける際も、ボンドは使わずじゃがいものでんぷん糊を使用します。
      天然素材でつくられた押入れは嫌な臭いが一切なく、お部屋同様に調湿効果にも優れた快適な空間になります。

    3. 匿名希望
      2019/11/08(金) 20:35:39

      今後安く手に入れられそうな物。

      天然ラック(塗装に使う)
      膠(接着剤)
      コットンペーパー(壁紙)

      天然素材を使った住宅作りには欠かせない。

    記事に戻る

関連記事